Daily Aloha

オアフ島在住、Yumeの新生活Blogです。

Entries

うそつきおばさん

6月末から働き出して、4ヶ月。 いろいろありますが、頑張って働いております。
今では、shippingの準備やウォークインのお客様の相手だけでなく、ちょっとづつオーダー業務もさせてもらえるようになり、忙しいけどやりがいもあり☆ 先輩たちと楽しく働いているのでありますが、ここ1ヶ月くらいブルーな気分になることが多かったのです・・・ 
それは、『うそつきおばさん』の出現。

私の里帰りと入れ違いに、先輩Hさんが1ヶ月ちょっとのロングバケーションに入った為に、オーナーの知り合いの韓国人Jおばさん(あえてオバサンと書かせていただく)が、臨時のパートとしてやってきたのが不幸の始まり。
このJおばさん、びっくりするくらいに『使えない人』だったんです・・・ 

Jおばさんはオーナーの知り合いで、以前にも少しだけ働いていたことがあるらしく、彼女の仕事ぶりを知っている先輩同僚たちは、業務が違うこともあり、当たらず触らず冷ややかに無視状態。 でも、彼女のポジションは私の仕事のサポートなので(私が先輩Hさんの抜けた穴をサポートしなければいけないため)私は、彼女と関わらないわけにはいかず、「**しておいて下さい」と何かを依頼すると、「前にやってたからわかってる!」と自信満々に言うんだけど、思い切り間違える。 それを指摘すると「昔の事だから、やり方忘れた。」と開き直り。 仕方ないので「これはこう言う風にしてね」と一から説明しても、次も出来ないばかりか、面倒くさいことはしたくないのか、簡単な部分だけ、それも最後まで何かを終わらせるとかはせず、気が向いた部分のみちょっとだけ手をつけて、あとは知らん振り。 「ちゃんと最後までやって」と言うと「それはあなたの仕事だ!」と逆切れする始末。 彼女にまかせてもやり直しばかりで、仕事が増えるばかり。 しかも口答えされるので、その後はもう、彼女は無視して、全部自分でやっちゃうようになってました・・

本来すべき仕事をしないわけですから、皆が忙しくしている中、ひとり、ふら~りふら~り歩き回っては、ソーイングのスタッフと一緒に休憩したり、携帯で遊んだりして、さすがにオーナーにも怒られた彼女、出勤日もワークタイムも削られ、今月の初めにはすでに、「今月一杯でやめてもらうから」と最後通告を出されていたのです。

ところが本人は、すごく頑張って働いているつもり。 そして年功序列意識の高い韓国人なので、他の人はともかく自分より後から働き出した私(と、言っても一回辞めてるから、彼女が一番の新入りなんだけど)は、自分より下!と思っているようで、オーナーや先輩同僚から「掃除が出来てない。 ここを片付けろ」と自分が命令されたことを、「今は、こうして私がやってるけど、ゆめもするべきだとオーナーが言ってる」と、嘘をついて、私に押し付けるように~(爆) そして、「私、働いてます」アピールのために、私がせっせと商品整理をした代えハンガーだけ集めて、自分がこんなに片付けました!と報告してみたりする、本当にトホホなおばさんだったのです。  「先輩同僚Hさんが帰ってきたら、人が足りるからもうあなたは要らない」と言われてから、彼女の中で一番新入りで年も下(と彼女は勝手に思ってるけど、本当はあまり変わらない)の私なら蹴落とせると思ったのか、子供レベルの嫌がらせが始まりました。 社員の先輩だけに愛想を使って、私を無視する。 嘘をついて、自分は楽な仕事ばかりする。そのくせ、先輩と仕事の話をしていると、割り込んでくる。 闘志メラメラ 

でもね~ うちの職場、オーナーも含めて本当に仕事のできる人が揃っているんです。
仕事のできる人は、周りも良く見えているから、そんな小細工は通用しないのよ。 でも、一応彼女はオーナーの知り合いなので、あることないこと、都合よく報告されてるだろうから、彼女の態度に対して一度きちんとオーナーに報告した方がいいよと先輩にアドバイスされ、昨日、オーナーに「実はこんなことがありました」と報告したら・・
「そんな嘘もついてたか!」とオーナーもびっくり。 「彼女は知り合いだけど、別に友達でも何でもない。あまりに働かないから、今日も怒って色々するように言ったけど、それをあなたに押し付けるなんて」「皆が忙しくて大変だろうから何かのヘルプになるかと雇ったけど、手伝わないなら必要ないわね」と言う事になりました。 

他の誰かの解雇にかかわるのは、なんだか気分の良くないことでしたが、うそつきおばさんの墓穴を掘ったのは、彼女自身のうそ。 それも、夜にオーナー自身が残業して片付けた商品の山を、誰がやったか知らない彼女が見て、オーナーに「ほら見て。こんなに綺麗に私が片付けたのよ!」って報告したらしい・・ああ、痛すぎる。 アメリカってアピールの国だから、人種にかかわらず『私、こんなに頑張ってま~す』風に自分をアピールする人は多いけど、うそはあかんで そして、私に嫌がらせをしたように、以前働いていた別の同僚とも足の引っ張り合いをして、大喧嘩になったこともあるらしい。(なんでそんな人を、またわざわざ雇ったのかっちゅ~話だけど・・)

そんな彼女、同僚としては最低だったけど、居場所を失ったのは気の毒でもあり、心がもやっとしています。 Jdに話したら、「それは当然のなりゆきだから、君が落ち込むことはない。むしろ、ビクトリーだ」と言われたけど、もうちょっと上手く付き合えなかったかなという反省もあり。 どこかで心を入れ替えて、真面目に働いてねぇ。 

なにはともあれ、仕事をするって大変でもあり楽しくもあり。 今回のことで、私自身ももう一度、気を引き締めて、小さなことからコツコツときっちりこなしていこうと思います。 それから、「自分だけが頑張っている」のでなく、周りを助けられるような器になりたい。 今回は、上手くできなかったけど・・次回は必ず☆
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

yume

Author:yume
Jdと3年の遠距離を経て、とうとう結婚することになりました。 これから、始まる新しい生活にドキドキしています♪ 愛するハワイより、日々のAlohaな出来事を、綴ってゆけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

光り輝くダイア